ネットでの審査の確認

最近のカードローンの会社でウェブ完結というシステムがあります。インターネット経由で申し込みをすれば、店舗に行かなくても申し込みができるというものですが、審査の最終段階では、電話での確認をされる場合があります。在籍確認などと言われるものですが、例えば勤務先に記載した会社が実在するかどうか?また、申し込んだあなたが実際にその勤務先に勤めているかどうか電話で確認があるのです。

 

職場の人にお金を借りようとしているのを知られたくない人がほとんどでしょうから、この在籍確認は厄介に思われる方も多いようです。ただ、記載された電話番号が実在するかどうかとその会社が実在するかどうか?また、あなたがそこにいるかどうかの確認だけですから、職場の方には、カードローンの会社から確認の電話が入ったことはわからないようになっています。

 

ですから、勤務先の電話番号に存在しない電話番号を記載したりすると当然、カードローンの審査は通らなくなってしまいます。また、外出が多くその電話番号に電話しても、いつもあなたにつながらない電話番号では、意味がありません。特殊な呼び出しが必要な愛などは、つながりやすい時間帯などを伝えておくと良いかもしれません。

 

在籍確認の電話があったということは、ほぼ審査が通ったということだと思います。実際の電話は、個人名であなたを呼び出す電話です。あなたが出た段階で、向こうは、はじめて会社名を名乗ります。カードローンの申し込みをしたら、そういう電話がかかってくるということだけは忘れないようにしておいてくださいね。この電話が完了した時点で、あなたの申し込みの審査が確認されたことになります。

申し込みの確認関連ページ

実際にお金を借りるとき
普通は、カードが発行されたらATMでお金を借りたり返したりすることになると思います。この時便利なのはコンビニのATMですよね。