総量規制ってそもそも何なの?

借り入れが年収の3分の1以下でなきゃいけないっていうことは、わかるけど、実際に収入が低い人のほうが借りなきゃいけないケースが多いと思うのです。例えば、年収が何千万もある人は、お金を借りる必要ないと思うのですね。この法律には、どんな意味があって、対象外のところはどこなのでしょう?

貸金業法とは?

平成18年12月20日に交付された法律
平成22年6月18日より完全施行
まだまだ新しい法律のようですね。
貸金業法とは、多重債務に苦しむ人をなくすために出来た法律のようです。消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシングなどに適用されているようです。これらの会社では、年収の3分の1以上は貸してはいけないという法律ができたのですね。

金利が安い銀行のカードローンには適用されない?

銀行のカードローンであれば、この法律とは関係ないので、3分の1しか借りられないということはないようです。もし、こういった金融機関で借りた金額が大きくなってしまった場合には、銀行に相談すれば借り換えができるのでしょうか?最近は、おまとめローンという言葉を聞きますので、需要はかなりあるのでしょうね。手軽に借りられるからといっていろいろなところから無計画に借りてはいけないということのようですね。

銀行のカードローン

どうやら銀行のカードローンなら総量規制の対象外らしいということがわかりました。
でも、実際の中身はどういう事なんでしょうね?

 

ひょっとすると多くの方が銀行だと審査が面倒だからとか、審査に時間がかかるからといったことで消費者金融などに申し込んでお金を借りるのだと思いますが、ほんのちょっとの期間だけと思っているうちにカードを持ってるとついつい使ってしまうのかもしれません。もしもの時のために、一応カードだけ作っておいて、全く使わないでいるということは、かなり難しいことなのかもしれません。

 

ただ、やはり賢い方は、そのカードの特性とかを勉強していて本当にお得な時にだけ使うらしいので、もしもの時のためには、事前に銀行のカードローンのカードを持っておくのが良いのかもしれません。

 

収入証明不要のカードローンに関してまとめてみました。
総量規制の実施によって、実は銀行のカードローンが借りやすくなったのかもしれませんね。

トップページへ

おすすめの会社